不思議な国のぱぶーり♪

0ぱぶり0の物語・・・・・//// あとゲーム関係(^-^)/

  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 The last summer vacation.

こんにちは!(=゚ω゚)ノ

シルバーウィークも終わりいよいよ秋ですね。
そんな季節の少し前
夏休み最後の思い出を作ろうと僕は石川県にいったことのお話。

ぶうううん。
PM7時。「すっかり暗くなってきたなぁ。こういうところで夏の終わりをかんじるなー。
最近少し肌寒いし。」
仕事が6時まであったため少し遅めの出発であった。

初めての遠出ということもあって少し不安があったが何とかなるだろうと僕はたかをくくっていた。
それがすべての始まりであった。

前日に地図を見て下調べをした道を走らせる。
高速道路も使わないでいこうと決めていた。
最初は順調に進んでいったのだ。
だんだん道が細くなるにつれ眠たくなってく
ウトウトとしだした時はもうすでにおそかった。
気づいたら目の前には車が一台横転していた。



ごめんなさいうそですw

だんだん道が細くなるにつれて民家がまばらになっていく。
2時間くらい走ったところでY字路にさしかかった。
本線のほうは落石により両面通行禁止なため僕は反対側から行くことにした。
魔の一本道へと・・・・


少し走らせると様子がおかしくなってきた。
車が一台分しか通ることができない細さになった。
横から1mの高さくらいの草がはえていてカツカツと
ボンネットやルーフ、サイドに当たる音がたえずきこえるほどだ。
道が細すぎて引き返すゆとりもないほどであった
30分くらいはしらせたところそこは行き止まりであった。
仕方なく引き返そうとおもい少し止めて携帯を見た。
圏外の二文字に冷や汗が出た。

当たり前といえば当たり前か。
そう思いながら来た道を引き返していく。
車が照らすライト以外何も見えない
すぐ横から川の音がする
おそらく横は大きな川なのだろう。
そこへ落ちていく自分を想像するとなんだか急に怖くなる。
そんな恐怖心を振り切るかのようにアクセルを踏む


てかそのときにさ、マジでびっくりしたよw
すごい凸凹した道でマンガみたいなジャンプしたおwwww
車の中のCDとかMDとか鞄とかいっきにひっくりかえったwww
泣きそうになって電話しようとしても圏外でほんと孤独だった;;

このまま死んでしまうんじゃないかとさえおもったじゃないか!


無事に先ほどのY字路へ。
しかしここでも電波がないため少し戻って目的地先の友達に連絡を入れた。
自「国道が落石でとおれないからほかにみちはないか?」
ツレ「ない」
とのこと。

仕方ないので高速にのる一番近いインターはどこだと聞いたら
1時間は戻らないとないということらしい。
またしても来た道を引き返しインターへ乗った。
ここからは順調であった。
かと思われた。

ガソリンメーターにふと目をやるとエンプティーマークが・・・
結構目的地付近まで来たので高速を降りることに。
降りてコンビニを探しそこでガソリンスタンドがないかと聞いてみることにした。

そこのコンビニ床拭きすぎwwww
曲がり角ではでにこけてしもーたやん><
はずかしすぎたわ;;
あるにはあるが夜中だったのでやっていないらしい。
24時間やっているところはここから20km先のmobilというところ。

絶対無理だwwwwwww
だって僕の車もうえんぷてぃーまくついてるよw
もうむりだよ不可能だよ限界だうわぁじぇいあfじぇいfじぇあおfじぇいfじぇれれjろいえjr

って感じでパニックになっていたらそこの店員が一言。

エンプティーマークついてもけっこうはしるべや。
がんばりしゃい。

ガソリンよこせーwwwwww
居直り強盗になりかける前にたちさった。
しかしギリギリのところで到着。
もうメーターはラインを割っていた><
しかし着いたはいいがなんだこの店員は・・・・
まぁ天下のもーびるさんだから大目に見るー^-^;
それから勢いよく目的地へ向けた。
しかしその途中僕の顔は青ざめた。

車と同じくらいのスピードで真横を走る物体。
うわああああああああ
僕はびっくりして車でたいあたりした。
ぐえっへへへへえ上等だスポーツカーですらぬかせねーぞ・・ハァハァ

というのは嘘で^^;
車を横切る影が!
!!!!
ブレーキを踏むのも間に合わずに左のタイヤで乗り上げてしまった
犬よりも大きくくまよりも小さいもの
一目見ると豚のようなものであった
後日聞いてみるとイノシシだったっぽい
急いで目的地で待っている友達へと連絡した。

冷静になりつつコンビニへ入ってその旨を店員に説明した。

店員はよくあることですよと明日になれば処理されてますので安心してくださいといい
僕を安心させてくれた。
あぁ、ありがとうあなたは天使だ@p@

そしてそこから1時間もかからないうちに目的地へと到着した。
AM3:00無事到着。
すごくほっとしたことは今でも忘れない。
そしてあの道は二度と通りたくない。

帰りは高速で4時間かからずに到着したとさ^^
いとめでたし

コメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iinakoko.blog10.fc2.com/tb.php/17-b75f5c52

  HOME  

プロフィール

ぱぶ~り

Author:ぱぶ~り
不思議な国から来た貴公子ぱぶーりです>w<b

平凡な日常を晒しますよ?

メイプルストーリーレペゼン杏

      oぱぶりo
      Lv.142(パラディン)


アルファス
      Lv.123(NL)
  




''ak-69'' -IRON HORSE -No Mark-
でらかっこいいもんでいっぺんみて>w<b

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。